menu

塩ビディップ成形

dip casting

精度とコストを両立させたディップ成形

金型とコーティング技術を融合させたディップ成形。
精度の高い製品と、全自動連続コーティングにより、大幅なコスト削減を可能に。

塩ビディップ成形についてAbout dip casting

長山製作所のディップ成形は、全自動連続コーティングラインにより、精度の高いディップ成形製品の大量生産能力を有します。
ディップ成型では、金型に離型剤(シリコン)を塗布後、加熱炉により、適正な温度に加熱します。その後、ディッピングタンクに指定寸法まで浸漬を行います。この時、指定された膜厚・寸法の調整を行います。
その後、加熱炉によりゲル化を行います。ゲル化完了後、冷却を行います。次に金型より離型を行います。離型作業は、エアーによる方法と専用離型機による方法と二つあります。
塩ビディップ成形製品は、塩ビ自体の可塑性、耐薬品性、絶縁性など優れた物性と、金型による内部形状の精度の高さが特徴です。

ディップ製品成形工程Dip product molding process

ディップ製品成形工程

設備紹介

Equipment

  • ・金型加熱炉
  • ・ディッピングタンク(昇降装置)
  • ・専用離型機